東北エネルギー懇談会

お知らせ

気仙地区エネルギー懇談会 講演会を開催

気仙地区エネルギー懇談会(会長 米谷春夫 大船渡商工会議所会頭)は、7月30日(木)、岩手県大船渡市で2020年度定時総会を開催しました。

総会後の講演会では、当会 田村昌徳 常務理事が「コロナ禍が世界・日本のエネルギーに与える影響について」と題して、コロナ禍前の世界・日本のエネルギー情勢とコロナ禍以降の影響や課題等について、豊富なデータと資料を示しながら講演しました。

参加者は、複雑で混迷する世界情勢の中において、わが国では再生可能エネルギーの開発を進めながらも、供給の安定性や経済性、環境特性等、様々な課題を解決していくためには多様なエネルギー源を組み合わせて使うエネルギーミックスが極めて重要なことを改めて認識しました。

気仙地区エネルギー懇談会 講演会を開催 イメージ1
気仙地区エネルギー懇談会 講演会を開催 イメージ2

2020.08.26|ニュース