東北エネルギー懇談会

お知らせ

エネルギー理解広告「国産or外国産?」を掲載

このたび当会では、日本のエネルギー事情への理解を深めていただくことを目的に東奥日報、河北新報社、新潟日報、読売新聞(宮城版)にエネルギー理解広告「ご存じですか?暮らしを支えるエネルギーのこと」を掲載いたしました。

 

[掲載日]
・河北新報、東奥日報 2月16日(日)
・新潟日報、読売新聞(宮城県版)2月23日(日)

 

この広告は、日本のエネルギー、とりわけ電気を作るもとは、その約8割を輸入(外国産)に頼っており、頼りすぎると、燃料価格の上昇による電気料金の値上がりや輸入量の減少による電力不足に繋がる心配があります。

このようなリスクを低減する必要から日本では、再生可能エネルギーや原子力など国産と外国産のエネルギーミックスが必要です。

今後も日本のエネルギー事情について分かりやすい発信を随時行ってまいります。

 

2020.03.11|ニュース