対話活動東日本大震災や東京電力福島第一原子力発電所の事故を契機に、原子力をはじめとするエネルギー全般や放射線などに対する地域の関心や不安が高まっています。
このため当会では地域のみなさまと対話をしながらエネルギーに対する理解を深めていただくために、「エネルギーワークショップ」などのコミュニケーション活動を展開しまします。

参加者からは「ただ話を聴くだけでなく、対話に参加できたことがよかった」「参加者同士で議論することができて、他の人が普段どんな関心や不安を抱えているのか知ることができた」などのご意見をいただいています。

このほか、東北・新潟7県の地方紙の編集幹部や婦人団体役員の方々とも定期的にエネルギーや原子力に関する意見支援を行っています。